悪徳業者の典型的な罠

知っておきたい傾向

リスクを避けることに全力を

悪徳業者の典型的な罠について紹介したいと思います。悪徳業者と一言でいっても何を基準にしていいのかわからないから罠にはまってしまうという人もいらっしゃると思いますのでこういった出会い系サイトには注意しましょうということを教えておきます。

まず最初に広告展開を一切していない所やマイナーなゴシップ雑誌で紹介されているところは信用しないほうがいいでしょう。迷惑メールで気になるサイトがあったという人もいらっしゃると思いますが、気になるのであれば調べることが必要です。

出会い系サイトを選ぶポイントとしてはちゃんと自分の目で調べるということが大切なのです。適当にどのサイトも結局は同じなんでしょ?という考え方だったら絶対に失敗してしまいます。とにかく徹底的に調べて優良サイトに登録することだけを第一条件で考えましょう。

まずは自分が利用しようと思っている出会い系サイトの名前をちゃんとネットで調べてどういった口コミ評価がされているのかを考えて行動することが大切です。

もし検索してもヒットしなかったり、悪評が立っているのであれば止めておくことが大切です。

次に運営会社についてもちゃんと調べておくことが必要です。出会い系サイト規制法案によってちゃんと運営会社をホームページ上に紹介しなくてはいけないと定められております。その場合画像で貼り付けられている場合は悪徳業者の可能性が高いです。

検索に引っ掛かりたくないために画像にしている可能性が高いですし、運営会社が載っていないのはほぼ悪徳業者だと思っていいでしょう。

さらにホームページも作りこまれていなくて素人が作った質素な出会い系サイトも信用できませんので利用しないほうがいいでしょう。ちゃんと作りこまれているサイト、お金がかかっているようなサイトを選ぶようにしましょう。

退会ページが載っていないところも利用は控えたほうがいいでしょう。退会するときにお金を請求されるというケースも報告されております。もちろん払う必要はありません。

最後にもっとも注意しなくてはいけないのが料金の表示がちゃんとされているか?どうかです。ちゃんと専用ページで紹介されているかどうか?わかりやすい所に表示されていないのであれば止めておくのが無難です。

とにかく怪しいと思われるような出会い系サイトには自ら入り込まないでほかのサイトを選ぶようにしましょう。面倒くさがってここでいいや!というのが一番危険です。

↑ PAGE TOP