架空の請求メール

キチンと調べる

身に覚えがないものは払わない

インターネットが苦手な人だったりご年配の方に多いのが架空の請求メールを送られてしまってそれに騙されてしまって払ってしまうというケースが非常に多いです。

出会い系サイトを利用していて架空の請求が届いていかにも難しい文章で弁護士などを立てて請求をしてきてそれでも支払いが確認できなかった場合は裁判所で請求させて頂きますと言うような感じでメールが届きます。

突然のことに頭が真っ白になってしまう人もいるかもしれませんし、なにか払い忘れていたんじゃないの?って思ってしまってつい払えば終わりでしょって思って払ってしまいがちですが、これもサクラのメールですので相手にしてはいけません。

まずは支払い請求がメールで来たからと言っても冷静に対処しましょう。

メールの中を見てみると難しい文章で書かれていますが、その最初か最後に必ず会社名だったり、事務所の名前が書かれていると思います。

それをネットで調べたら悪徳業者のメールですから支払ってはいけないとか出てきます。

いきなり不安になったから払うというわけではなくてキチンと調べる努力をしましょう。

一度でも払ってしまったら定期的に支払いを求めてくるようになります。そうなってしまったらいつまでも悪徳業者に騙されている状態です。

身に覚えのないものは払わないということ、そしてどうしても不安なのであれば消費者センターなどに電話をして確認するようにしましょう。

↑ PAGE TOP